header
 
[ SITE TOP ] 
PROFILE


NAME:Josia
Race:Cute Elf

クエストをがすがすこなしている2代目Josiaです。このままほぼVanilla状態を維持しつつ頑張る予定(`・ω・´)

-=-=- Caution -=-=-
記事は全て激しくネタバレなものになっています。ご覧になる際はご注意下さいませ('∇')

↓ Skyrimのblog始めました! ↓
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
ミイラ取りがミイラに… 〜クエスト:喰うか喰われるか
Liberation or Apprehension? --Arcane University [MagesGuild]

今回から、お仕事はRaminus様ではなくHannibal Traven様からいただくことになったようです。うーんあたしも偉くなったわぁとかちょっと感動。

早速内容を聞いてみると、ちぃっと込み入った話らしい。やっぱり死霊術師がらみらしく、遺跡にいるギルドメンバーを助けつつ人を探しに行け、とのこと。


Liberation or Apprehension? [MagesGuildQuest#12]
依頼主:Hannibal Traven(MagesGuild)
報酬:名声+1
戦闘:あり
場所:Nenyond Twyll [ DATA ]
クリアLv:30
推奨Lv:any
もうちょっと詳しく内容を聞いてみた。
Councilは死霊術師の組織にMucianus Alliasって人をスパイを送り込んでいて、その人からの連絡が途絶えたこととか、最後に連絡が来た場所にギルドメンバーを派遣したこととか。んでもって一番の問題は、派遣したメンバーのせいでMucianusさんが危険な目にあっちゃ困ると。なるほど。



とりあえず、言われた場所・Nenyond Twyllに来てみた。
外には敵はいない模様。


「あなた?ここで何をしているんですか?」

いきなり話しかけられてびっくりしたっつの。
どうやらこの人は派遣されたギルドの人ぽいな。あたしも仲間ですよう。

「評議会はどうかしちまったのか、ここにおはお前一人しか送られてきてないのか?時間がない。残党が…我らを待ち構えている。奴等は我らが来ることを知っていたんだ!」
「生き残ったのは私だけらしい。ネクロマンサーたちは奥に下がった。追跡せねばなるまい。さあ、時間を無駄にはできない!私についてこい!」
状況はかなり切羽詰ってるみたいで、こっちの話も聞かずに歩いていっちゃった。
まってー。


え?



床が天井に…お仲間さんはまんまとTrapにひっかかった模様('A`)



やっぱちんでる('A`)
仕方がないので一人で奥へ。


「貴方がパーティに遅刻されたんではないかと心配しておりました。貴賓の方々はもう去られてしまわれました!」

いきなり何を言ってるんだこの人は。
Mariette Rielleって名前の女の人。これはどう考えても味方…じゃないよねぇ。



「私はあなたに失望しましたわ。でもMucianusはここから離れられないようです。彼は今やWorm Thrallとなり、ここで満ち足りていることでしょう。冷酷な宿命でしょうけど、Order of the Black Wormの邪魔をした方にはふさわしい重い罰を与えなくてはなりませんわ。
マスターにはあなたがここにMucianusを探しに来たことを伝えねばなりません。もしかすると、あなたの首をマスターに手土産として持って行けるかもしれませんわね。」

ペラペラ勝手に喋った後襲いかかってきました(´д`)
しょうがない、返り討ちしてやろうと殴ったら水の中へどぼーん。
それ以降は上がってくることもなく…どこいったんだろうねこの人。



次から次へと敵襲です。同時に戦うのはしんどいよー。
召喚してくるから厄介なのよね。なんとか飼い主(?)のみを叩いて殲滅。
もうMariette Rielleを探す気力もなくなっちゃった。ほっとこう。


広場には石が入ってそうなCageが。
まわりを探してもそれっぽいスイッチがない。おかしい。
もしや?と思って水の中を探すと、あったよあったよ。
逆サイドにも見つけたので2箇所操作。
石2個げっと(*'-')



さらに奥へ進むと、UndeadになったMucianus Alliasさんが(´Д⊂
襲ってはこないし、殺すのもしのびないのでそのまま放置することにしました。
生きてればきっといい事があるよ…わかんないけど(´Д⊂


AUに帰って報告すると、Traven様も驚愕してた。

「なんだと?それでは、あんたが彼のためにできたことは何もなかったのか?何たる恐ろしき運命よ。彼が何をされたのか想像もつかぬ。多くの命が失われた…。彼を救おうとしてくれたあんたに感謝する。」

いや…なんもできなくてスミマセン(´Д⊂
しかもWarlockに昇進とか。これでCouncil Chamberに行けるようになったのは嬉しい。
嬉しいけどなんか後味が悪いなぁ。。。
DATE:2009.12.08 Tuesday / カテゴリ: −Mages Guild -comments(0)-
スポンサーサイト
DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
COMMENTS
POST COMMENTS