header
 
[ SITE TOP ] 
PROFILE


NAME:Josia
Race:Cute Elf

クエストをがすがすこなしている2代目Josiaです。このままほぼVanilla状態を維持しつつ頑張る予定(`・ω・´)

-=-=- Caution -=-=-
記事は全て激しくネタバレなものになっています。ご覧になる際はご注意下さいませ('∇')

↓ Skyrimのblog始めました! ↓
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
アーティファクトを取り戻す・その2 〜クエスト:死霊術師のアミュレット
The Necromancer's Amulet --Arcane University [MagesGuild]

Bloodworm Helmは無事に取り戻したので(記事はコチラ)、次はもう一つのNecromancer's Amuletを探すお仕事です。


The Necromancer's Amulet [MagesGuildQuest#16]
依頼主:Hannibal Traven(MagesGuild)
報酬:名声+1
戦闘:あり
場所:Fort Ontus [ DATA ]
クリアLv:30
推奨Lv:any
+  +  +

「Caranyaは、Universityにそれを置いておくべきでないと主張しておった。Imperial Cityの安全を脅かしかねないとな。彼女の言うことは分かるが、私はその真意探りかねておる。彼女はとにかくその力を強く探求したがっているようだった。」

これもアヤシイ。
でもなぁ、またただのオバカさんかもしれないしなあ。
もう誰が敵かさっぱりわからないよ。

CaranyaさんはFort Ontusにいるらしいので、こちらもさくっと行ってみることにしました。


「ここで何をしているのですか?ええ…Caranyaがあなたに話があるようです。彼女に会いに行ってください。」

入ってすぐのところに人がいたので話しかけてみた。まずはCaranyaさんを探すことが先決みたいですの。

「ここに手助けに来てくださったのなら、Caranyaと会ってください。彼女が必要としていることを話してくれます。」

みんな同じことしか言わないな。
とっとと先に進もう('A`)

2層目の広場でCaranyaさん発見。
説得して連れて帰らねば…と思っていたのになんかおかしい。

「こいつは大変驚きですね。あなたはTravenの言うことを聞くだけが能のバター犬だと思っていましたが、ついにここまで辿り着いてしまった。喜ばしいことにあなたはついに光明を見出したわけです。あなたの助力は利益をもたらすでしょう。」

って、ちょwwwww
バター犬てwwwwwww
吹き出しそうだったけどこらえたよ!

とにかくアミュレットを返してもらわなくちゃ。

「何ですって?あれをTravenに戻すために来たの?おお、我が親愛なる人。すまないけど、これはあなたの理解を超えたことなの。Travenにはもう言うことはないわ。私が応えるのは、Mannimarco様の言葉だけ。」

やっぱりか!おまいは裏切り者か!

「アミュレットを手に入れれば、あの方の力は増大するわ。もはやTravenには彼を阻むことはできなくなる。悪いけど、あなたの出る幕じゃないのよ。私はこれをすぐ実行に移すつもりよ。あなたは…Mannimarco様に骨の髄まで味わってもらえるように、そのまま生け贄にでもしましょうかね。」



お約束のように襲ってきました。骨も召喚しやがった。



殺してやった(´∀`)


Necromancer's Amuletげとー。
んでもこれもすごい。
さすがアーティファクトって感じ?
Fortify Willpower 14pts
Fortify Intelligence 14pts
Fortify Magicka 130pts
Drain Strength 25pts
Drain Endurance 25pts
Fortify Conjuration 12pts
これほすぃいいいいぃ!



とっとと戻ろうとおもったらまたまたびっくり。
Mageたちが黒ローブに着替えて襲ってきた('A`)



14人全員ぬっころして終了でした。あーしんどかった。

+  +  +

「Caranyaがギルドを裏切ったと?信じられぬ。彼女はわしの最も良き助言者のひとりだった。状況は日に日に悪くなっているように感じる。これで終わってくれればいいのだが。しかしアミュレットは守られた。いまはそれで充分としておこう。あんたの働きに感謝する。」

こういう報告ってするのも嫌よねぇ。
もうこれ以上裏切り者とか出ないように…と祈りつつお仕事完了。
Master-Wizardに昇進しました。これ以上の昇格はないらしい(´・ω・`)
DATE:2009.12.11 Friday / カテゴリ: −Mages Guild -comments(0)-
スポンサーサイト
DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
COMMENTS
POST COMMENTS