header
 
[ SITE TOP ] 
PROFILE


NAME:Josia
Race:Cute Elf

クエストをがすがすこなしている2代目Josiaです。このままほぼVanilla状態を維持しつつ頑張る予定(`・ω・´)

-=-=- Caution -=-=-
記事は全て激しくネタバレなものになっています。ご覧になる際はご注意下さいませ('∇')

↓ Skyrimのblog始めました! ↓
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
最終対決 〜クエスト:虫の王との対決
Confront The King --Arcane University [MagesGuild]

最後のお仕事です。
いよいよあいつと戦います。


Confront The King [MagesGuildQuest#18]
依頼主:Hannibal Traven(MagesGuild)
報酬:名声+3 / Staff of Worms
戦闘:あり
場所:Echo Cave [ DATA ]
クリアLv:30
推奨Lv:any
「わしの言うことを聞いてくれ。いいか、よく聞くのだ。
Mannimarcoは求める物を手に入れるだろう。しかし、それが奴の破滅となるだろう、あんたの手でな。
この宝石を持っている限り、やつがあんたを魅了しようとしても、あんたには効かない。やつが失敗したそのとき、そのときが攻撃のチャンスだ。この話が終わったら、この宝石を持ち、Mannimarcoを探し、そしてやつを滅ぼすのだ。あらゆる手を尽くして、やつのもとにたどり着け。それだけがやつを破る唯一の道だ。」

リョウカイ('◇')ゞ
前にJ'skarさんが言ってたEcho Caveに行けばいんですね!

「わしはあんたを完全に信頼しておる。だから、ギルドはあんたに任せようと思う。わしが去ったとき、あんたはArch-Mage、そしてギルドの指導者と認められるだろう。
同志たる魔術師達を率い、良き方向へ導いてくれ。未来の安寧はあんたの両肩にかかっている。さらばだ、我が友よ。」


え???
話し終わるとなんかいきなり炎のエフェクトが???



うわあTravenさん自殺しちゃったああああああ(´Д⊂


持ち物を見ると、この間持ち帰ったSoul Gemが満たされてる。
もしかしてTravenさんの魂がこれに入ってるんだろうか。
これを持ってるとMannimarcoの魅了がきかないって言ってたけど…そのために自分が犠牲になってくれたんだろうか(´Д⊂
いかん、悲しんでる場合じゃない。
こうなったらきっちりケリつけないと!
いざEcho Caveに突撃だわよ!


「お前は敢えて長虫の王に近づこうというのか?彼の恩寵に甘んじて謁見に臨むと言うなら、その扉を開けなければならない。鍵は私が持っているが死んでも守るつもりだ。」

Echo Caveの前にはBolor Savelって人が。
ええ、受けて立つわよ!
倒して鍵げっつ。いくぜ!



中にはNecromancerとUndeadがいっぱい。
さすがにWraithなんかはかなり強いので、FireのEnchant武器で殲滅。



あらためて周りを見回してみる。ここも気持ちわるい洞窟だわあ。



最後の層に到着。
向こうに見えるのが憎きMannimarcoか!


「言わせてもらうが、私が期待していたのはArch-MageのTravenだよ。彼の一番弟子ではなくてな。彼が自分自身で私に立ち向かってこないとは、ちょっと失望したよ。長きに渡って、彼の前任者に当たる者とはたくさん出会ったよ。その中でも、余り保存状態は良くないがGalerionが特にお気に入りだ。だが、代わりに君が来た。このような深層まで辿り着いたということは、君は十分に腕が立つということだな。おそらく君はTravenと同じくらい、私の役に立つであろうな。」

お前の役に立つなんてそんなこと絶対ないです!
「君に選択枝は無いんだよ。私はWormの奴隷達の長き伝統に君を加え、じっくりと君を調査しよう。君のその魂は私の研究のために捧げられるのだよ。」

冗談じゃない(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻

「力だよ、親愛なる友よ。わしは力を求めて居るのだ。故に私はそれを持つ者を手に入れ、研究するのだ。君のギルドも私も力を求める事では同じ事だ。しかし、君らは『善』と『悪』の枠を気にし、それらが結局は同じ事であることを認めない。君らは私を悪人と決め付け、私を倒そうと無駄な努力をする。私はそれを観察し、待ち、そして私の所にやってきた君らの魂を手に入れるのだ。Travenは引きずり出せなかったが、代わりに来てくれた君で我慢しよう。だがひょっとすると、ここが片付いた後に、彼の魂も貰い受けに行くかもしれないがな。」

もっともらしいことを並べてくれたわね。
あんたは人の命を道具みたいに扱ってんじゃん。そんなの悪に決まってんじゃん。
結局は善も悪も同じ?んなわけねぇ!



あんたの紙装備であたしに勝てると思ってんのかあああ!
…っつか弱くて拍子抜けしたわ('A`)


あっけなくヤツを倒して、お仕事完遂です。
あとは箱をあけまくり。BossChestがいっぱいでお宝いっぱいでしたよう。SkillBookとかMasterお道具とかちょーうれしい!


AUに戻るとRaminus Polusさまが。

「Mannimarcoが倒されただと?容易には信じられん!King of Wormsはもはや居ないのだ!わ、私はArch-MageのTravenから指示を受け取っています。彼が我々のためにしたこと、そして後任にあなたを指名したことは分かっております。」

そうか、あたしが後任になるんだった…。
ギルドにはもう通達がいってるらしい。
Arch-Mageとか呼ばれるとなんか自分じゃないみたいだ。
あまり苦もなくここまでのぼりつめてしまったなぁ。
Travenさんが死んだのは衝撃だったけど、彼の死を悼みつつ、あとはゆっくり特権を楽しむことにしますかのう。
DATE:2009.12.13 Sunday / カテゴリ: −Mages Guild -comments(0)-
スポンサーサイト
DATE:2011.12.17 Saturday / カテゴリ:- ---
COMMENTS
POST COMMENTS